オークションで古本を売ってみよう

本の買取と言う話ではありませんが、「本を売りたい」と言う時、良く利用されているのが「オークション」です。最近は、Amazonやブックオフと言った「買取を行っているショップ」と同じ位オークションが人気を集めています。

オークションのメリットは、入札制なので「思ったよりも高い値段で売ることができた」と言うことも多いことです。売れると思っていなかった本が、思わぬ値段で売れたりします。

また、自分でセット販売などをする事もできるので、「自分が好きな方法で、好きな価格で本を売ることができる」と言うメリットもあります。一冊ずつ売るのも、全巻揃えて売るのも自由です。傾向を見ると、一冊よりはセット販売の方が高く売れるみたいですね。

ちなみに、オークションでは「同人誌」なども高く売ることができます。「同人誌」と言うのは、プロではなくアマチュアが個人で製作した本です。通常の買い取りショップでは、同人誌には殆ど価値がつきません(専門ショップは別です)。

しかし、オークションではその価値を知っている人が落札をしてくれるので、購入した時以上の値段で売れてしまうことも少なくありません。中には数千円で販売されているものもある位です。今はプロになっている作家の同人誌などは高く売れますので、一度出品してみてはいかがでしょうか。

オークションと言えば「ヤフーオークション」が一番有名だと思いますが、驚くほど多くの本が出品されています。興味がある人は覗いてみて下さいね。

関連エントリー



 
Copyright © 2010 ブックオフがベスト?古本の買取アドバイス. All rights reserved